Wellness Plus(ウェルネスプラス)

Wellness Plus(ウェルネスプラス)について

 Wellness PlusのWEBサイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。

Wellness Plusについて説明する前に、「Evidence Based Medicine」という言葉についてご紹介させていただきたいと思います。

根拠に基づく医療(英語: evidence-based medicine, EBM)とは、「良心的に、明確に、分別を持って、最新最良の医学知見を用いる医療のあり方をさす。エビデンスに基づく医療とも呼ぶ。注意深く、十分に実施された医療研究で得られた証拠を採用することにより、意思決定を最大限に活用する医療行為の1つである。
専門誌や学会で公表された過去の臨床結果や論文を広く検索し、場合によっては新たに臨床研究( Clinical Studies)を行うことにより、なるべく客観的な疫学的観察や統計学による治療結果の比較に根拠を求めながら、患者と一緒に方針を決めるよう心がけるという、医療の指針です。

 ここにインスピレーションを得て、エビデンスに基づく「着る健康」をテーマにしたウェアを作ることにしました。
論文などのエビデンスに基づいた製品作りを行い、製品においても有効性を確認する」ことをテーマとし、「繊維の力で世界中を健康に」しようと決めたのです。

 西洋および東洋医学などで論文化された知識や技術を、素材や編立・製織、染色加工、縫製技術に加えることで、「美容」や「健康」というキーワードを取り入れたアイテムを提供することがこのブランドの使命であり、「カラダの悩みの改善」をブランドコンセプトとしています。

 人間における細胞の材料は、毎日食べている食事です。年齢や部位によって多少前後しますが、細胞は大体半年に一度生まれ変わると言われています。つまり、今食べているものが半年後の自分の細胞となるのです。
 体の細胞はいきなり悪くなくならないかわりに、いきなり良くなることもありません。時間をかけてコツコツ積み重ねていく以外に方法はなく、食べ物、着る物を大事にし、早寝早起きと適度な運動を心掛けて生きていくことが重要です。

「人生100年時代」を迎える中、カラダをこれまで以上に大切に扱う必要があると感じています。
食べ物も非常に重要ですが、「衣服」は最大の臓器である皮膚に24時間接しており、冷えや乾燥、紫外線などから身を守っています。
これを更に一歩踏み込んで、プラスの健康効果を付与するものが「Wellness Plus」の目指すところです。

Wellness Plusが着目した、「未病を治す」という考え方

 突然ですが、「未病」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
伝統中国医学(中医)で「未病」と診断されるのは、検査で明らかな異常がなく、明らかな症状も無いが、少し調子の悪い状態で、病気になる前段階の、心身の微妙な変化を指している言葉です。

漢文訓読調でいえば「いまだやまいにあらざる」となり、「未病気」をキーワードにして、体の状態を分類してみると次のようになります。

  • 状態 1 :恒常性が健全に保たれている状態 ・・・健康
  • 状態 2 :恒常性が崩れかけている状態 ・・・未病
  • 状態 3 :恒常性が崩れ、そのままでは元に戻らなくなっている状態 ・・・病気

これらの間にははっきりした境界はなく、連続的に移行しています。
中国には昔から「上工治未病」(上工は未病を治す)という言葉があります。良い医者というのは、発病してからではなく、未病の段階で異常を察知し対処するものだ、ということです。

 西洋医学では、未病を見過ごしてしまい、発病してからはじめて治療に取り掛かります。
病気を火事に喩えて言うと、東洋医学が火事になりそうな危険な場所をあらかじめ点検したり、燃えそうな建材をあらかじめ不燃材にして無事に防ぐのに対し、西洋医学では火事が起きてしまってから対処しよう、という考え方である。確かに一旦発火してしまえば、とりあえず燃え盛る火の勢いを抑えなければならないのではあるが、それよりも火事の防止や再発を防ぐことも非常に大切であるように、西洋医学のように発病するまで放置しておいて発病してから対処するという考え方は得策とは言えず、東洋医学のように、未病気の段階でそれを的確に察知し、自己治癒力を高めることで早めに対処しておこうとする考え方のほうが適切であり重要であると考えています。

 戦争による負傷で大量の死者が出ることが続いた20世紀前半には西洋医学が目覚しい進展を見せ、抗生物質やワクチンが開発され生命を脅かす感染症などを激減させることに成功しました。
しかし現代では疾患の状況はすっかり様変わりし、生活習慣や生活環境に起因した心疾患、脳血管疾患、アレルギー疾患、メタボリックシンドローム、膠原病などの慢性疾患が急増し重大な課題となっています。これらの慢性疾患は西洋医学的な治療法(その多くが対症療法)だけでは限界があり、根本治癒にはどうしても、生活習慣を是正しつつ自己治癒力を高めることが不可欠となります。

Wellness Plusの考え方

 「心と体を一体としてとらえ全体のバランスとリズムをとりもどし病を癒す」と考える東洋医学の考え方をWellness Plusでは取り入れています。

 また、もう一つは「活性酸素」に着目しています。活性酸素はウイルスやバイ菌の侵入から身を守るなどポジティブに働く面と、量が増えすぎる事によって強いその活性によりカラダを傷つけ、シミやしわの原因になるばかりか、様々な生活習慣病やアレルギー、ガンの原因になると言われています。

 これらから身を守るため、体内の免疫力を高める事が最重要と考えており、「キュアヘルツ」や「ナノプラチナスキン」、「バクテリアバスター」などの開発素材を用いて体内または体外から、活性酸素の対策を行う事で、様々な疾病に対してバイオポジティブなアプローチを行う事ができる商品の提供を行っております。

>Wellness Plusの商品ページはこちらから

Wellness Plus(ウェルネスプラス)

Wellness Plusを実現するために開発した素材

キュアヘルツ(Curehertz)

キュアヘルツ(Curehertz)-TOP
Curehertsz(キュアヘルツ)の可能性について
湯治の力
マイナスイオンについて
ホルミシスとは
ヒートショックプロテイン(HSP)
キュアヘルツとリカバリー
塩とアルコールと放射線の致死量
キュアヘルツと放射線

遠赤外線について
遠赤外線の発熱の原理について
熱放射に関する4つの法則
遠赤外線の可能性について

ナノプラチナスキン(Nano Platinum Skin)

ナノプラチナスキン(Nano Platinum Skin)ーTOP
プラチナナノコロイドの力
活性酸素と抗酸化物質
プラチナナノコロイドの保湿力と還元力

バクテリアバスター(Bacteria Buster)

バクテリアバスター(Bacteria Buster)ーTOP

Wellness Plusが取り入れた理論と知識

東洋医学とは

病気になるメカニズム
気・血・津液・精
からだを構成する4種類の気

ホルモンの大切さ

セロトニンとメラトニン
成長ホルモンについて
女性のホルモンバランスについて
更年期とホルモン
体のバランスに関するホルモン

その他のトピックス

温活
冷え症について

ツボ(経穴)について
経絡と経穴(ツボ)について

体内時計と時間治療
体のリズムとホメオスタシス

幹細胞コスメについて

西洋医学と東洋医学の違いについて
食養生と東洋医学の関係
二十四節気
四季折々の暮らし方と食養生

一般社団法人日本温活協会
全国健康管理能力検定協会